知財のミカタ

in 松山

  • イベント
    2020年114日(火)
    12:15〜17:30(開場11:45)
    松山市総合コミュニティセンター
  • 出張面接
    2020年114日(火)〜210日(月)
    四国全域(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)

お知らせ

  • 2019.12.4
    松山会場の事前申込受付を開始しました。

イベント無料要申込

知的財産(知財)に興味のある方から実務に携わっている方まで全てのみなさまにご参加いただけるように、様々なプログラムをご用意しました。お好きなプログラムを選んで、知財を味方につけるキッカケを一緒につかみましょう!

  ミニセッション
12:15

12:45
  メインセッション
13:00

14:30
  個別セッション
14:45

15:45
16:00

17:00

※プログラムは予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

何でも相談コーナー 13:00〜17:30

お申込みは不要です。お気軽にお越しください。

ミニセッション 無料要申込

12:15〜12:45

定員30名  

意匠法改正セミナー

近年、デザインを活用して、イノベーション力やブランド力を向上させる企業が増えています。こうした企業活動の成果である画像デザイン、建築物の内・外装デザイン、一貫したコンセプトに基づく群のデザインなどをきちんと保護できるように、意匠法が改正され、令和元年5月17日に公布されましたので、簡単にご紹介いたします。

特許庁審査第一部意匠課 意匠制度企画室
課長補佐 井上 和之

「セッション」のお申し込みはこちら
お申し込み

メインセッション 無料要申込

13:00〜14:30


加藤 正樹 氏

基調講演
定員100名  

日本が生んだ
世界食インスタントラーメン
~ヒット商品の舞台裏~

対象者企業経営者、知財実務担当者 等

世界に誇る「メイド・イン・ジャパンの技術」として、戦後の大発明ともいわれているインスタントラーメン。その産業界の成り立ちや発展の歴史、とりわけ知的財産の重要性と戦略論について、「ヒット商品の舞台裏」をわかりやすく解説します。

新潟食料農業大学 客員教授/
元 日清食品ホールディングス株式会社
知的財産部部長 加藤 正樹 氏

大阪市出身。1976年 大阪大学工学部醗酵工学科卒業。日清食品株式会社入社 総合研究所商品企画課にて勤務。食品開発部、企画室、法務課、法務部を経て、2008年 日清食品ホールディングス株式会社 知的財産部に所属。2013年退職。同年、財団法人 食品産業センター技術環境部 勤務。2018年 新潟食料農業大学 客員教授。

企業経営者の方、知財実務担当者の方、知財にご関心のある方におすすめ!

「セッション」のお申し込みはこちら
お申し込み

個別セッション 無料要申込

14:45〜15:45


渡邊 智之 氏

A-1定員30名  

スマート農業の
すすめ

〜農業を情報技術で
かっこよく稼げて
感動があるものに!〜

対象者企業経営者、製品開発担当者、農業関係者、自治体職員 等

日本の農業は、生産者の高齢化、就農人口減、耕作放棄地の増加といった多種多様な課題をかかえています。また、農業法人数や一戸当たりの作付面積については年々増加しており、今までの農業に限界が来ていることを感じます。環太平洋連携協定(TPP)への参加や輸出促進等の政策により農業分野は大きな環境変化の中にあります。「スマート農業の推進」についても大きく掲げるなど、農業分野でのAI(人工知能)やロボットの活用への関心も高まっています。情報共有、データ分析、シミュレーション、トレーサビリティ、可視化等の取組と、それによるブランドの確立や意思決定支援などについて各地の実例や最新の動向を踏まえて「スマート農業の現在地」をご紹介し、「かっこよく稼げて感動がある新3K農業」を実現すべく「これから進むべき方向」についてお伝えします。

一般社団法人日本農業情報システム協会 代表理事/スマートアグリコンサルタンツ合同会社 代表・CEO /
総務省 地域情報化アドバイザー 
渡邊 智之 氏

元農林水産省事務官。農林水産業をAI(人工知能)やロボットで支援し、安心・安全で高付加価値な農林水産物の物流などにより、イノベーションを起こし、さらには新たな職業や新たな雇用を生むことで、地域の活性化や地方創生に貢献。

データを活用したスマート農業に関心のある方におすすめ!


田中 裕一 氏

B-1定員30名

デザイン経営への
挑戦

対象者企業経営者、製品開発担当者、デザイン実務担当者 等

デザインを戦略的に経営に活用している株式会社ビズリーチのCDO(デザイン最高責任者)田中氏と、「デザイン経営宣言」を取りまとめ、デザイン経営を推進している特許庁のCDO補佐官との対談を通じて、デザインを活用して企業の競争力をつけるための方策をわかりやすくお伝えします。

株式会社ビズリーチ CDO・デザイン本部本部長 田中 裕一 氏

制作会社、インターネットサービスのメガベンチャーを経て、2017年4月に株式会社ビズリーチへ参画。事業づくりを通じてデザインのチカラで世の中の課題解決と価値創造を成し遂げるため、CDOとしてデザイン戦略を計画・推進。

特許庁審査業務部長・特許庁デザイン経営プロジェクトチームCDO補佐官 西垣 淳子

デザイン活用に興味のある方、デザイン経営に興味があるが、どのように取り組んだらよいかわからない方におすすめ!

「セッション」のお申し込みはこちら
お申し込み

16:00〜17:00


上羽 秀敏 氏

A-2定員30名  

日本弁理士会併催イベント

5Gで変わる!IoT・AIを活用した
新しいビジネスを特許で大きく育てよう!

対象者知財に興味のある方、IoTやAI、5Gに興味のある方 等

現在、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ビッグデータを活用した新しいビジネスが次々に誕生し、その用途も徐々に広がっています。私たちは今、第4次産業革命を経て新しい未来社会“Society 5.0”を迎える大きな時代の転換点にいます。日本でも来年(令和2年)から5G(第5世代移動通信システム)が始まり、この革命をさらに加速させることになるでしょう。時代の先駆者たちは、自らの新しいビジネスを守りそして拡大するために、特許を取得し始めています。今まではモノを作って売るのがビジネスの基本でしたが、これが変わりつつあります。その結果、特許の取得の仕方、その活用の仕方も変化し始めています。本セミナーでは、このような時代の変化を俯瞰したうえで、これからの特許の取得の仕方だけでなく活用の仕方についても解説します。特許以外の意匠や商標にも言及し、知財ミックス戦略やオープン・クローズ戦略についても解説します。

インテリクス国際特許事務所 所長・弁理士(高知県顧問弁理士) 上羽 秀敏 氏

デジタル関連の業務をされている方や知財実務担当者の方におすすめ!

B-2定員30名

知らなかったら一大事!?
第三者の抜け駆け出願等の「悪意の商標出願」対策セミナー

対象者企業経営者、知財実務担当者(海外展開に興味のある方も) 等

あなたのビジネスプランに商標の取得は入っていますか?海外での第三者の抜け駆け出願等の悪意の商標出願が世界的な問題となっていますが、これは決して他人事ではありません。日本及び海外で起きた実例とともに、悪意の商標出願への対抗策となる日本の制度及び、①海外への出願費用や②抜け駆け出願対応費用等の中小企業向けの補助金事業をわかりやすくご紹介します。

特許庁審査業務部商標課 商標制度企画室長 冨澤 武志

国内外で事業展開を考えていて、知財にご関心のある方におすすめ!

「セッション」のお申し込みはこちら
お申し込み
  • 何でも相談コーナー無料申込不要

    13:00〜17:30

    • 新しい技術を開発したけれど、これで特許はとれるの?意匠は?
    • 商品・サービスのネーミングを相談したい!
    • 経営上の悩み(販路開拓、資金繰り、経営革新、創業支援)を相談したい!
    • 営業秘密の管理ってどういうこと?
    • 海外進出を考えているけれど、知財で気を付けるべき点は?
    • 標準化をビジネスに活用したい!

    こんな疑問やお悩みに、INPIT愛媛県知財総合支援窓口の支援担当者や愛媛県よろず支援拠点のコーディネーター、日本規格協会の標準化アドバイザー、特許庁職員がお答えします。お気軽にご相談ください!

    ※相談は先着順で受け付けます。 ※相談時間は30分程度です。
    ※秘密厳守 ※個別セッション終了後も相談を受け付けます。

「セッション」のお申し込みはこちら
お申し込み
「知財のミカタ〜巡回特許庁〜 in 松山」
開催案内パンフレット/申込書はこちら
ダウンロード

会場アクセス

会 場
松山市総合
コミュニティセンター

愛媛県松山市湊町七丁目5番地

アクセス
  • ●松山市駅から伊予鉄バス(JR 松山駅前行)または(津田団地前行)約3分 松山コミュニティセンター前で下車
  • ●JR 松山駅から伊予鉄バス(久米駅前行)約2分 松山コミュニティセンター前で下車
  • ●伊予鉄電車高浜線(大手町駅)から徒歩約7分

出張面接(四国地域集中実施期間) 無料要申込

日 時: 2020年1月14日(火) ▶ 2月10日(月)
場 所: 四国全域(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)

上記期間中に、出願人や代理人等の近隣地域に審査官が伺って面接を行う「出張面接」を四国全域で集中的に実施します。「面接」では、特許庁に出願した案件(特許は審査請求した案件のみ)について出願人や代理人等が直接審査官に出願内容を伝え、審査官の見解を直接確認することができます。「出張面接」の詳細や、お申し込み等については、以下のお問い合わせ先にお気軽にご相談ください。

特許出張面接に関するお問い合わせ先 
調整課地域イノベーション促進室

TEL:03-3581-1101 内線3104 
FAX:03-3580-8122 E-mail:PA2103@jpo.go.jp

意匠出張面接に関するお問い合わせ先 
意匠課企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2907 
FAX:03-5570-1588 E-mail:PA1530@jpo.go.jp

平成30年度 開催実績